安い!大阪オールセラミック

大阪で審美歯科治療を受けるなら

ホワイトニングとは?

歯の色が黄色くなって悩んでいる人はたくさんいます。歯を白くする為には、今までは歯科医院で気になる歯を削り、そこを覆い隠すのが一般的な方法でした。しかし、この方法は歯にとても負担をかけてしまうので、今ではホワイトニングが人気です。

ha.honneblog.com

ホワイトニングとは?どんなものかわからない人も多いでしょう。簡単に言うと、加齢や遺伝によって色が付いてしまった歯を漂白する方法です。短時間で出来て、繰り返し施術が出来るので歯の白さを調整出来ます。自分の好みの白さに出来ますが、永久に効果があるわけではありません。効果がどれくらい続くのかは人によって違うので、注意が必要です。

 

なぜ白くなるのかと言うと、使用する薬剤によって酸素が発生します。その酸素が色素を無色に分解するので、歯が白くなります。この方法は誰もが出来るというわけではありません。生きている歯でないと効果がないので、入れ歯や人口の歯などには出来ません。それでも白くしたいという人は、歯科医院でクリーニングをするか、詰め物自体を取り替える事になります。

 

虫歯の治療をしている人は気を付けた方が良いです。使用する薬剤は、虫歯の治療後に入れる詰め物との密着度が不安定になるので、良くありません。強い痛みを感じる場合や亀裂が入っている歯がある場合は、治療が終わってからにしましょう。

 

未成年の人も気を付けた方が良いです。18歳以下の場合は、成長する歯に影響を与える場合があります。14歳未満の場合は、歯の表面のエナメル質が十分な大きさになっていないので、薬剤の影響を受けやすいです。歯の検査次第によって違うので、歯科医院で相談する事が大切です。

 

妊娠中の人も出来ません。なぜなら、胎児への影響が分かっていないからです。直接調べる方法がなく、安全がどうかが判断出来ないので禁止されています。

 

無カタラーゼ症の人は絶対にしてはいけません。この病気は、過酸化水素を分解するカタラーゼが不足しているというものです。使用する薬剤には過酸化水素が含まれているので、進行性口腔壊死になってしまう場合があります。進行性口腔壊死になると、口内がただれて細胞が死んでしまいます。

 

ホワイトニングには自分のペースで出来るもの、歯科医院などのクリニックでするもの、2つの長所を兼ね揃えたものの3種類があります。それぞれにメリットがあるので、自分に合ったものを選びましょう。

ha.honneblog.com

自分のペースで出来るホームホワイトニングは、歯のダメージが少なく、自分の好きな白さに出来ます。3種類の中で1番安くて、自宅で好きな時間に出来るというのが大きなメリットです。有効期間が約1年から2年と長いです。

 

歯科医院などのクリニックでするオフィスホワイトニングは、白くなるのが早いです。治療してもらうので、手間がかからず、数回通勤する必要がありません。

2つの長所を兼ね揃えたデュアルホワイトニングは、1番白くなりやすくて有効期間を延ばす事が可能です。歯科医院で相談しながら出来るので安心です。