安い!大阪オールセラミック

大阪で審美歯科治療を受けるなら

正しい歯磨きの方法や時間、回数、タイミング

毎日しっかりと歯を磨いているつもりなのに、すぐに虫歯になってしまうと悩んでいる人は多いでしょう。

しっかり歯を磨いているのに虫歯になってしまう人は、歯の磨き方が間違っているのかもしれません。虫歯は一度できると、歯医者で虫歯の部分を削り取らなければなりません。虫歯は削れば削るほど再治療が繰り返される病気であるといわれています。そのためにも虫歯ができない、正しい歯磨きの方法や時間、回数、タイミングなどをしっかりと覚えておきたいものです。


虫歯予防に最も効果のある歯磨きの方法はスクラビング法とよばれるものです。これは歯ブラシを歯に直角にあてて磨く方法です。この方法が 歯垢がもっともよく落ちる方法であるといわれています。奥歯や歯のでこぼこしている部分、歯茎が下がってしまっている部分には、歯ブラシを縦にあてたり斜めに入れるなど、歯の形状に合わせて歯ブラシを使い分けることが大切です。


そして虫歯のほとんどは歯と歯の間からできるといわれています。歯と歯の間は歯ブラシで磨くことはできません。そのためデンタルフロスを使って、歯と歯の間に詰まっている虫歯の原因となる歯垢を落とさなければなりません。歯磨きが終わっても油断せずに、最後の仕上げとしてデンタルフロスを毎日使用するようにしましょう。


歯を磨くときには、ササッと1分ほどで終わらせてしまうという人もいるでしょう。しかし虫歯の原因である歯垢を落とすためには、歯ブラシを使ってしっかりとこすり落とさなければなりません。歯垢は歯に粘りついているものなので、歯ブラシをしっかりあてて1本の歯を10回ほど磨かなければ落とすことができません。そのため15分ほどかけて歯磨きを行うのがよいでしょう。


しかし歯磨きに15分もかけていられないと思う人もいるでしょう。洗面台に向かって歯を磨いている場合には15分がかなり長い時間と感じるでしょう。しかしテレビをみたり、お風呂に入りながら磨くことで、いつの間にか15分経っていたと感じることができます。


そして歯磨きの回数としては、少なくとも2、3回は行った方がよいでしょう。虫歯の菌はたんぱく質や糖を分解して歯を溶かす酸を作り出します。そのため食事を済ませた後ごとにしっかり歯を磨くことで、虫歯菌が繁殖する前にこすり落とすことができます。また寝ているときは唾液の量が極端に減ります。そのため睡眠中に虫歯がつくられることが多いので、寝る前には特に念入りに歯を磨くようにしましょう。


食事のあとごとに歯を磨いた方がよいのはわかりましたが、食べた直後に磨くのではなく、しばらくしてから歯を磨いた方がよいと言われています。歯は虫歯菌が作り出す酸によって溶かされて虫歯となります。そのため唾液が酸を中和する食後30分ぐらいに歯を磨くのがよいでしょう。


せっかくしっかり歯を磨いたとしても、磨き残しがあれば、虫歯になる可能性も出てきます。磨き残しを防ぐためにも、毎回同じ順番で歯を磨いていくと良いでしょう。磨き残しがないか舌で確認しながら磨くと安心です。