安い!大阪オールセラミック

大阪で審美歯科治療を受けるなら

差し歯とは

差し歯は歯の根が残っている場合にその根を使って上にを被せ物をするというものです。残っている根の中の治療をしたうえで土台を建ててからかぶせ物をします。もともと土台と被せ物が一つになっていて根の中に差し込むようなものだったので「差し歯」と言われるようになりました。


奥歯が虫歯になって被せ物をする場合には、目立たないので銀などの金属をかぶせることも多いのですが、前歯の場合は銀場にすることはできません。ニコッと笑った時に前歯が銀歯なら周囲の人を驚かせてしまう可能性があります。だから前歯が虫歯になったり、何らかの衝撃で折れたりした場合で、根が残っている場合には表面が歯と同じに見える差し歯をすることが多いのです。
差し歯には保険が適応するプラスチック製と保険適応がないセラミック製の2種類あります。


プラスチック製のものは表側はプラスチックで裏側は金属で作られています。プラスチックは口の中では水分を吸収して劣化しやすくなり傷ついたり黄ばんだり、また剥がれてくることもあります。

傷つくと汚れや細菌が入りこみやすくなります。また周囲の歯の色と合わせることが難しいのでどうしても周囲の歯の中で浮いてしまいます。金属部分は歯の根にとけこんで周囲の歯茎が黒ずんでしまうこともあります。残っている根の部分も黒くなってしまいます。さらに土台の金属は根よりも硬いので強い力が加わると根が折れてしまう可能性もあります。根が折れると抜かないといけなくなるのです。しかし保険が適応するので金額面であまり負担にはなりません。


セラミック製のものは保険が効かないので費用は掛かりますが、陶器でできていて周囲の歯の色と合わせることができ、口の中でも安定していて剥がれるという心配はありません。セラミックの表面は一度コーティングをして焼いているので傷や汚れがつきにくいという特徴もあります。

またセラミックは土台にも金属は使われないので金属の色が出て歯茎が黒ずんでくるということはありません。セラミックの土台はファイバー線維が使われていて強度と柔軟性があるので根が折れてしまうという心配もありません。しかしセラミック製になると費用は1本で数万円かかってきます。


このように根が残っている前歯なら、入れ歯やインプラントなどにしなくても差し歯でカバーをすることができるのですが、その材質はプラスチックとセラミックがあってプラスチック製は弊害が出ることも多いですが保険が適用するということ、セラミック製は費用が掛かる分、弊害が出にくく見た目もきれいにできるという点に違いがあります。金属アレルギーの場合は金属を使っていないセラミック製にする必要がありますが、そうでない場合は費用の面などでどちらかに決めるということになります。実際には、前歯を差し歯にした人の中で約70%の人が保険が適用するプラスチック製のものにせずにセラミック製のものを選んでいるというデータがあります。