安い!大阪オールセラミック

大阪で審美歯科治療を受けるなら

差し歯に使用される素材

事故や歯周病、口腔内のトラブルなどで失われてしまった歯を再生させたり、見た目をより美しくする為に、審美歯科という医療が発達しています。
様々な素材で本物そっくりの歯を作り、元からある歯根に被せたり、根元から人工のものを使う場合もあります。


そこで使用されるのはいくつかの素材で、保険治療の範囲内で使用される白いプラスチックの樹脂は、安価で利用できる反面、割れやすかったり、食品などの色が沈着しやすく黄ばんできてしまうというデメリットがあります。
セラミックは、陶器を使用した歯の事で、これは特別に開発された陶器である為非常に頑丈で割れにくく、また色が染みてしまう心配も無い為、美しい歯の色を長期間維持する事ができます。


真っ白な歯はもちろん、元の歯に合わせた自然な色にも細かく調整が可能です。
歯根の土台に被せる白い歯の部分を支える箇所に金属を使用する場合があり、これは費用を抑える事ができますが、金属アレルギーなどの原因として問題視されていて、また見た目の美しさをより追求するのであれば避けた方が良いとされています。
これに対し、支点も含めて全てのパーツをセラミックで作ることを、オールセラミックと言います。


これは、健康面で見ても非常に良い施術方法で、頑丈に作られたセラミックで全ての箇所を製作したオールセラミックは、咀嚼のしやすさ、力のかかり具合などが元の歯と非常に近く、失われた顎の力を取り戻す事ができます。
審美的にも優れていて、セラミックの歯の下に金属の土台を使用した方法の場合、金属の黒い色がわずかに透けて見えますが、土台にも白いセラミックを使用するオールセラミックは、歯本来の持つ深みのある白さを忠実に再現する事ができます。
このような優れた手法のため、かかる費用は審美歯科の中でもかなり高額の部類となります。
しかし、技術の進歩によりそれもななり安い料金設定で行なっている歯科が増えてきています。