安い!大阪オールセラミック

大阪で審美歯科治療を受けるなら

本物の歯のように綺麗な外観!オールセラミックの差し歯がおすすめ

f:id:osakaceramic:20170610145734j:plain

前歯に被せ物や差し歯などのクラウンをするなら、素材はオールセラミックが良いでしょう。
オールセラミックを選ぶメリットは、プラスチックや金属に比べると審美性が高いところです。

ceramic-white.com


陶器でもあるセラミックは、プラスチックや金属にはない透明感があり、前歯に一本だけクラウンを被せても見た目の違和感がありません。
天然の歯に近い自然な見た目なので、被せ物や差し歯であると気付かれる可能性は低いでしょう。


また、プラスチックや金属の場合、装着から数年経つと色味が変わってきます。
最初は自然の歯と同じ白さでも、次第に黄色に変色をしていきます。
そのため、年数が経てば経つほど見た目が悪くなり、気になり始めてしまうのです。
しかし、セラミックなら変色することはないので、いつまで経っても装着した当初の白さです。


さらにセラミックはプラスチックや金属とは違い、表面がツルツルとしています。
ツルツルとした表面のクラウンなら、歯垢や歯石がつきにくくなるので、歯や口の病気を未然に防ぐことができるでしょう。

 


他には金属を使用しないのでアレルギーの心配がない、軽いので健康な歯に負担がかからないなどのメリットがあります。
プラスチックや金属より優れたメリットがあるので、前歯のクラウンには最適な素材なのです。
しかし、プラスチックや金属の素材なら保険が適用されるので、費用の負担は軽くなります。


ですが、オールセラミックは保険が適用されない素材なので、費用の負担が大きくなるのはデメリットです。
そのため、大阪でオールセラミックのクラウンを考えているときは、費用がネックになります。


費用の問題を解決するためには、安いクリニックを選ぶと良いでしょう。
オールセラミック医療機関によって費用が違うので、情報を集めれば大阪で一番安いクリニックを見つけられます。
情報を集めて大阪で一番安いクリニックを選ぶときは、費用を比較するだけでなく信頼性も重視しましょう。

ceramic-white.com


費用が安いことを最優先していると、信頼性は軽視しがちです。
しかし、信頼性の低いクリニックを選んでしまうと、治療した前歯のクラウンにトラブルが発生してしまいます。


トラブルを避けるためには、費用だけでなく信頼性を考えながら選びましょう。
大阪にあるクリニックの信頼性を見極めるポイントとしては、口コミでの評判です。
実際に治療を受けた患者さんの評判が良いクリニックなら、信頼性は高いと考えられます。


評判で信頼性を確かめたあとは、実際に足を運んで医師の話を直接聞けば、ある程度自分でも判断できるでしょう。
関西の中心である大阪にあるクリニックなら、府内だけでなく近隣の神戸や京都、奈良や和歌山からも電車で気軽に通うことができます。


特に大阪市内に通勤や通学をしている方なら、仕事や学校帰りに治療を受けることができるでしょう。
関西で前歯のオールセラミックが安いクリニックを探しているなら、地元以外でも探してみるべきです。

ceramic-white.com

ホワイトニングとは?

歯の色が黄色くなって悩んでいる人はたくさんいます。歯を白くする為には、今までは歯科医院で気になる歯を削り、そこを覆い隠すのが一般的な方法でした。しかし、この方法は歯にとても負担をかけてしまうので、今ではホワイトニングが人気です。

ha.honneblog.com

ホワイトニングとは?どんなものかわからない人も多いでしょう。簡単に言うと、加齢や遺伝によって色が付いてしまった歯を漂白する方法です。短時間で出来て、繰り返し施術が出来るので歯の白さを調整出来ます。自分の好みの白さに出来ますが、永久に効果があるわけではありません。効果がどれくらい続くのかは人によって違うので、注意が必要です。

 

なぜ白くなるのかと言うと、使用する薬剤によって酸素が発生します。その酸素が色素を無色に分解するので、歯が白くなります。この方法は誰もが出来るというわけではありません。生きている歯でないと効果がないので、入れ歯や人口の歯などには出来ません。それでも白くしたいという人は、歯科医院でクリーニングをするか、詰め物自体を取り替える事になります。

 

虫歯の治療をしている人は気を付けた方が良いです。使用する薬剤は、虫歯の治療後に入れる詰め物との密着度が不安定になるので、良くありません。強い痛みを感じる場合や亀裂が入っている歯がある場合は、治療が終わってからにしましょう。

 

未成年の人も気を付けた方が良いです。18歳以下の場合は、成長する歯に影響を与える場合があります。14歳未満の場合は、歯の表面のエナメル質が十分な大きさになっていないので、薬剤の影響を受けやすいです。歯の検査次第によって違うので、歯科医院で相談する事が大切です。

 

妊娠中の人も出来ません。なぜなら、胎児への影響が分かっていないからです。直接調べる方法がなく、安全がどうかが判断出来ないので禁止されています。

 

無カタラーゼ症の人は絶対にしてはいけません。この病気は、過酸化水素を分解するカタラーゼが不足しているというものです。使用する薬剤には過酸化水素が含まれているので、進行性口腔壊死になってしまう場合があります。進行性口腔壊死になると、口内がただれて細胞が死んでしまいます。

 

ホワイトニングには自分のペースで出来るもの、歯科医院などのクリニックでするもの、2つの長所を兼ね揃えたものの3種類があります。それぞれにメリットがあるので、自分に合ったものを選びましょう。

ha.honneblog.com

自分のペースで出来るホームホワイトニングは、歯のダメージが少なく、自分の好きな白さに出来ます。3種類の中で1番安くて、自宅で好きな時間に出来るというのが大きなメリットです。有効期間が約1年から2年と長いです。

 

歯科医院などのクリニックでするオフィスホワイトニングは、白くなるのが早いです。治療してもらうので、手間がかからず、数回通勤する必要がありません。

2つの長所を兼ね揃えたデュアルホワイトニングは、1番白くなりやすくて有効期間を延ばす事が可能です。歯科医院で相談しながら出来るので安心です。

正しい歯磨きの方法や時間、回数、タイミング

毎日しっかりと歯を磨いているつもりなのに、すぐに虫歯になってしまうと悩んでいる人は多いでしょう。

しっかり歯を磨いているのに虫歯になってしまう人は、歯の磨き方が間違っているのかもしれません。虫歯は一度できると、歯医者で虫歯の部分を削り取らなければなりません。虫歯は削れば削るほど再治療が繰り返される病気であるといわれています。そのためにも虫歯ができない、正しい歯磨きの方法や時間、回数、タイミングなどをしっかりと覚えておきたいものです。


虫歯予防に最も効果のある歯磨きの方法はスクラビング法とよばれるものです。これは歯ブラシを歯に直角にあてて磨く方法です。この方法が 歯垢がもっともよく落ちる方法であるといわれています。奥歯や歯のでこぼこしている部分、歯茎が下がってしまっている部分には、歯ブラシを縦にあてたり斜めに入れるなど、歯の形状に合わせて歯ブラシを使い分けることが大切です。


そして虫歯のほとんどは歯と歯の間からできるといわれています。歯と歯の間は歯ブラシで磨くことはできません。そのためデンタルフロスを使って、歯と歯の間に詰まっている虫歯の原因となる歯垢を落とさなければなりません。歯磨きが終わっても油断せずに、最後の仕上げとしてデンタルフロスを毎日使用するようにしましょう。


歯を磨くときには、ササッと1分ほどで終わらせてしまうという人もいるでしょう。しかし虫歯の原因である歯垢を落とすためには、歯ブラシを使ってしっかりとこすり落とさなければなりません。歯垢は歯に粘りついているものなので、歯ブラシをしっかりあてて1本の歯を10回ほど磨かなければ落とすことができません。そのため15分ほどかけて歯磨きを行うのがよいでしょう。


しかし歯磨きに15分もかけていられないと思う人もいるでしょう。洗面台に向かって歯を磨いている場合には15分がかなり長い時間と感じるでしょう。しかしテレビをみたり、お風呂に入りながら磨くことで、いつの間にか15分経っていたと感じることができます。


そして歯磨きの回数としては、少なくとも2、3回は行った方がよいでしょう。虫歯の菌はたんぱく質や糖を分解して歯を溶かす酸を作り出します。そのため食事を済ませた後ごとにしっかり歯を磨くことで、虫歯菌が繁殖する前にこすり落とすことができます。また寝ているときは唾液の量が極端に減ります。そのため睡眠中に虫歯がつくられることが多いので、寝る前には特に念入りに歯を磨くようにしましょう。


食事のあとごとに歯を磨いた方がよいのはわかりましたが、食べた直後に磨くのではなく、しばらくしてから歯を磨いた方がよいと言われています。歯は虫歯菌が作り出す酸によって溶かされて虫歯となります。そのため唾液が酸を中和する食後30分ぐらいに歯を磨くのがよいでしょう。


せっかくしっかり歯を磨いたとしても、磨き残しがあれば、虫歯になる可能性も出てきます。磨き残しを防ぐためにも、毎回同じ順番で歯を磨いていくと良いでしょう。磨き残しがないか舌で確認しながら磨くと安心です。

差し歯にすることで対策

歯が黄ばみなどで色がきれいじゃない、虫歯などで前歯が欠けているなどの状態は、自分に対して周囲からイメージダウンにつながることがあります。歯の黄ばみの場合には、歯科である程度きれいにしてもらうこともできますが、前歯が欠けている状態、虫歯などの状態だと、かなり目立つこともあり、改善する必要があります。


状況にもよりますが、差し歯にすることで対策をするということもできます。ですが、差し歯の場合には、保険適用の治療、保険適用外の治療と二つに分かれているため、自分でどちらの治療を受けるかをよく考えて決めることも大切です。


保険適用の差し歯の場合には、費用が安く済む点がメリットです。基本的に数千円で済むため、あまりお金をかけたくないという場合には、保険適用の治療を受けるようにしましょう。ただし、色合いや長持ちなどの点においては、保険適用の場合には、ある程度の年数が経つことにより色が黄ばみなどが目立つようになる点や耐久性なども考えるとある程度の期間、使用したら、新しい差し歯にすることも必要になることもあります。


保険適用外の場合には、それなりに費用が高額になります。数万単位から数十万の金額がかかることになるため、保険適用外を選択する場合には、それなりにお金を貯めておく必要もあります。


ただし、それなりに高額であってもメリットもあります。差し歯に使う他の自分の歯の色合いにあった差し歯にすることができたり、また、長期間、使用しても変色などもしにくいというのが特徴のものもあります。また、耐久性に優れているものもあるため、審美性や耐久性を重視したいという場合には、保険適用外を選択するというのも一つの手段です。


歯は、自分のイメージにも大きく影響を与えます。特に前歯は他人からも見られやすいという点から、できるだけきれいな歯を維持していくということが重要です。自分の歯を大切にすること、歯の黄ばみや虫歯などに関して放置せず、日頃から歯磨きをきちんと行い、予防をしていくことも重要です。

 

また、生活習慣によっては着色しやすい食生活、喫煙などにより、歯が黄ばみやすい、汚れが目立ちやすいという生活をしている場合には、改善を心がけていきましょう。生活習慣の改善をすることで、ある程度、口内環境にもいい影響を与えることになり、歯や歯茎の状態や口臭などの問題を改善することにもつながります。


前歯に関しても治療を受ける場合には、自分の生活状況、収入面、そして自分の歯をどのような状態にしたいのかを良く考えてから、治療時に保険適用にするか、保険適用外にするかを決めるといいでしょう。


状況によっては、保険適用でも生活に支障がでることはないと判断する場合には、保険適用でもかまいません。
ですが、自分のイメージをアップしたい場合やそれなりにルックスなどにこだわりがあるという場合には、前歯を自然に近いイメージにするために保険適用外の治療を選択するというのも一つの手段です。

差し歯とは

差し歯は歯の根が残っている場合にその根を使って上にを被せ物をするというものです。残っている根の中の治療をしたうえで土台を建ててからかぶせ物をします。もともと土台と被せ物が一つになっていて根の中に差し込むようなものだったので「差し歯」と言われるようになりました。


奥歯が虫歯になって被せ物をする場合には、目立たないので銀などの金属をかぶせることも多いのですが、前歯の場合は銀場にすることはできません。ニコッと笑った時に前歯が銀歯なら周囲の人を驚かせてしまう可能性があります。だから前歯が虫歯になったり、何らかの衝撃で折れたりした場合で、根が残っている場合には表面が歯と同じに見える差し歯をすることが多いのです。
差し歯には保険が適応するプラスチック製と保険適応がないセラミック製の2種類あります。


プラスチック製のものは表側はプラスチックで裏側は金属で作られています。プラスチックは口の中では水分を吸収して劣化しやすくなり傷ついたり黄ばんだり、また剥がれてくることもあります。

傷つくと汚れや細菌が入りこみやすくなります。また周囲の歯の色と合わせることが難しいのでどうしても周囲の歯の中で浮いてしまいます。金属部分は歯の根にとけこんで周囲の歯茎が黒ずんでしまうこともあります。残っている根の部分も黒くなってしまいます。さらに土台の金属は根よりも硬いので強い力が加わると根が折れてしまう可能性もあります。根が折れると抜かないといけなくなるのです。しかし保険が適応するので金額面であまり負担にはなりません。


セラミック製のものは保険が効かないので費用は掛かりますが、陶器でできていて周囲の歯の色と合わせることができ、口の中でも安定していて剥がれるという心配はありません。セラミックの表面は一度コーティングをして焼いているので傷や汚れがつきにくいという特徴もあります。

またセラミックは土台にも金属は使われないので金属の色が出て歯茎が黒ずんでくるということはありません。セラミックの土台はファイバー線維が使われていて強度と柔軟性があるので根が折れてしまうという心配もありません。しかしセラミック製になると費用は1本で数万円かかってきます。


このように根が残っている前歯なら、入れ歯やインプラントなどにしなくても差し歯でカバーをすることができるのですが、その材質はプラスチックとセラミックがあってプラスチック製は弊害が出ることも多いですが保険が適用するということ、セラミック製は費用が掛かる分、弊害が出にくく見た目もきれいにできるという点に違いがあります。金属アレルギーの場合は金属を使っていないセラミック製にする必要がありますが、そうでない場合は費用の面などでどちらかに決めるということになります。実際には、前歯を差し歯にした人の中で約70%の人が保険が適用するプラスチック製のものにせずにセラミック製のものを選んでいるというデータがあります。

歯並びや歯の色、形など見た目の美しさを求めた歯科治療

審美歯科とは歯並びや歯の色、形など見た目の美しさを求めた歯科治療のことです。アメリカでは多くの子どもが歯列矯正を行っていることもあり、一般的な治療となっています。

 

アメリカでは歯並びは家庭の経済状況を表すとも言われています。ごく普通の治療となっています。日本でも最近は歯列矯正を行う人々が増えてきました。ワイヤーが目立たないカラーの物を使用したり、歯の表面ではなく裏側からワイヤーで矯正をする方法も生まれています。


審美歯科に通うにはに自分に合った治療を受けられる医院を探すことからスタートします。どのような方法があるのか、探し方についてまとめました。一番早く情報を得るのはインターネットでの検索です。希望の治療や場所などから検索を行うと良いでしょう。また、同じような治療をしたことのある人が近くにいる場合にはその人から情報を得ることも有効です。実際の治療を受けた人の感想ですから信頼できる口コミになります。


ではおすすめの歯科医の選び方の条件はあるのでしょうか。歯のホワイトニングについては実績と経験を調べると良いです。口コミや施術前後の写真を比較できるとさらに分かりやすいです。また、料金が明確でアフターフォローもしっかりとしてくれる所を選ぶと失敗は少ないでしょう。ホワイトニングは料金を歯の白さは比例する部分があるので、自分はどのくらいまで料金を出せるのか、決めておくことも大切です。


次に歯列矯正の場合です。歯列矯正は時間も料金もかかりますから自分に合う歯科医を見つけたいものです。矯正を始める前に無料のカウンセリングを行っているところもあります。事前にカウンセリングを受けたり、相談ができるところの方が歯科医を見て相性を知ることもできますし、治療の方針や期間、料金なども確認ができます。この場合は、「日本矯正歯科学会」の認定医以上を探すとより安心です。


日本人は欧米に比べ、歯にコンプレックスを持っている人が多いと言われています。また、歯列矯正などについても消極的と言われています。今は技術も進み、痛みを和らげたり、歯のホワイトニング進んでいます。気になる時には相談をしてみると良いでしょう。歯に自信をもって微笑むことのできるようになりたいと思う人は、審美歯科にまずは相談です。料金も高額とはいえ、昔よりも下がってきていますし、世の中を見ても思っている以上に審美歯科に通っている人が多いことに気付くはずです。


良い歯科医を選ぶ基準として、技術の面だけではなく、医院の雰囲気にも注意を向けてみましょう。受付の対応は医院の顔ともいえる部分です。丁寧な接客を行っているかどうかで、その歯科医がスタッフ教育にまで力を入れているかを見ることができます。また、院内は清潔かどうかもチェックポイントに加えておきましょう。衛生的な環境で治療を受けることが必要です。清潔さは医院にとっても大事な部分です。事前に相談に行く際にはスタッフの雰囲気や院内環境も見ておくと安心です。

芸能人の特徴 歯並びがとても美しい

芸能人の特徴のひとつに、歯並びがとても美しい人、そして歯がとても白くて綺麗な人が多いという事があります。
同じように美しい歯になりたいと考えても、歯並びは簡単に変わるものではありません。


歯の色は、歯磨きを頑張れば白くなるのではないかと考える人もいますが、日本人の場合、黄色をしている人が殆どで、歯磨きをしただけでその色が白く変わるという事はありません。
その為、日頃行う歯磨きのみで白くて綺麗な歯を手に入れるという事は難しくなっています。


ただ、こうした歯の見た目の悩みの多くは、審美歯科で解消する事が可能となります。
一般的な歯科は、虫歯や歯周病の治療等、健康の為の治療が中心となっています。
それに対して、審美歯科というのは、歯並びを美しくする治療や、歯の色を白くする治療等、歯の見た目を良くする治療を行っている歯科医院です。
健康目的の治療の場合は、健康保険が適用されます。


ですが、見た目を美しくする為の治療というのは、美容目的となり、健康保険が適用されず、治療費は全額自己負担となります。
ですから、治療にかかる費用は安くありませんが、通う事によって、芸能人のように美しい歯を手に入れる事ができるようになります。
実際に、芸能人やスポーツ選手も多く通っており、治療によって美しい歯を手に入れています。


歯並びを整えるといえば、歯の前面に銀色のワイヤーを取り付けるというイメージを持つ人も多いでしょう。
治療中の見た目が悪くなってしまう事が原因で、治療に抵抗を感じる人は少なくありませんが、現在は裏側を固定する、白いワイヤーを使う等、目立ちにくい状態での治療も可能になっています。
ですから、治療中の見た目が気になるという人でも、安心して治療を始める事ができるようになっています。


ただ、治療は2年から3年程度かかる事が多く、良い歯並びを手に入れたいと考えるのであれば、早めに治療を始めておく事がおすすめです。
更に、審美歯科では、白くて美しい歯に変えるホワイトニングの施術も行っています。
白い歯に変えると聞くと、歯を削ったり溶かしたりするのではないかと不安を感じる人もいますが、ホワイトニングの治療というのは、歯の着色汚れを落とし、歯の本来の色を取り戻していく治療です。


歯磨きでは落とす事が出来ない着色汚れでも、専用の薬剤を使えば落としていく事が可能になります。
薬剤を塗布してレーザーを照射する事で、より早く、歯の色を白く変えていく事が可能となります。


レーザーを使った治療の場合、1回でも歯の色の変化を実感する事が出来ますが、良い色に変えるには数回の施術を考えておく事が大切です。
審美歯科の治療というのは、健康保険が適用されない為、高額になってしまいます。
ですが、自宅で解消する事が難しい、歯並びや歯の色に関する悩みもしっかりと解消していく事が出来ます。
ですから、綺麗な歯になりたいのであれば、審美歯科での治療を考えておく事がおすすめです。